日本のゲーム機

ラフカット2010観て来ました♪

Category: 観劇感想   Tags: 浅沼晋太郎  伊勢直弘  

ラフカット2010
 10月31日公演を観て来ました
お目当てはもちろん
浅沼脚本です。



ラフカットは4話のオムニバス。
浅沼さん作は4作目。



1話目「第二の心臓」と
2話目「鳥葬」は

全然違うお話しなんだけど
うわーってお話しが広がって
むぎゅって収束させる感じは同じ。


でも正直
鳥葬の最後は怖かった。
あのラスト待ちの時だけは
来た事をちょっと後悔した。




第二の心臓は
リフレクソロジーのお店が舞台で、
リラクゼーションサロンで働いていたことがある身としては
そういう視点で楽しかったです。

うん
あんな出来事はないけれど




第三話「そんなもんなんだ」

弟の登場の仕方とか好き。


でも
ここまで結構に話しが暗い。

暗い話しも嫌いじゃないんだけど
ちょっと立て続けは疲れた。


でもラストがお目当てだから

というところで
4話目
浅沼晋太郎作・伊勢直弘演出の「"it's a smoke world"」

タイトルから察するに
ディズニーランドにひっかけた
喫煙のお話しとかかしらと思っていたところ

見事な夢の国でした(笑


3話目終わりの暗転から
4話目スタートで明るくなった瞬間のどきもの抜き方がステキすぎ。

一気にもってかれた。


どんどん誤解が誤解をよんで物語が進んでいくところがなんとも浅沼さんだったんだけど

今回30分ですから

ここでセーブするんだ 的な感じはちょっとして

ちょっとさみしー。

これで2時間とかやって欲しかった。


って題材的に
これだけで公演はやっぱりちょっと…なのかな。


ちょっと夢の国に行きたくなった。





で、よく考えてみたら
浅沼作で浅沼演出じゃない作品って
私観るの初なんですよね。


伊勢さん演出というのも初。


どんなになるんだろう
という興味もあったのですが、
やっぱり違う感じがしましたね。



確かに浅沼ストーリーなんだけど
でも やっぱり浅沼色が薄いの。


なんだろう
動き方とか間とか?


これが伊勢さん色なんだなーって思いながら拝見。





次は東京俳優市場だね。



関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

LEMON LIVE「遺産相続。」を再び観て来ました♪ | Home | bpm「ジッパー」を観て来ました♪

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ