日本のゲーム機

「東京俳優市場」観て来ました♪

Category: 観劇感想   Tags: 浅沼晋太郎  

東京俳優市場2010冬
 11月27日昼公演観て来ました
3本のショートストーリーをWキャストで。

初舞台の役者さんも多数という
東京俳優市場。


お目当てはもちろん
浅沼脚本です。


浅沼さん作は
一本目の「くたばれ!ジェームス・キャメロン」。

だったんですけど。


実は
前にちょっと背の高い方が座られたこともあり、
ほとんど舞台見えなかったんですよね…。


とはいえ、2本目、3本目は
それでも高いところでお芝居してくれたこともあり
なんとか観えたんですが

1本目は
最初、二人の人がステージにいると思っていて

でも それにしてはなんか会話してるんだけど
位置関係的にいっても会話してる感じじゃないし

あれ?なんだろう
演出的にああ動いてるのかな?

それとも
あの男の子は誰か第三者的な人と話している設定とかで
あの女の子と話しているわけじゃないのかな?


えっと えっと???

と思ってみていたら
なんともう一人女の子がステージにいて
 座っていたので私の位置からは見えなかった。
その子と会話してたっていう…。


そんな勘違いからはじまり
その後も、舞台上で座っている役者さんとか結構いたり
座ってなかったのかもしれないけど見えない役者さんが結構いて


あ 突然人が増えた みたいな感じになってしまうところが多数で
いまひとつ入り込めず。


もっといい席とるんだった。


残念でしたが仕方がない。



でもね、お目当ての1本目はそんなで充分楽しめなかったけど
2本目、3本目は楽しめたので良かった。


2本目「さよならの11月」

小劇団が舞台で、
お芝居しているシーンからスタート。


主役の男の子の演技がへたで

けど最後は役を掴んで素晴らしい演技をみせる と
ざっくりいうとそんなお話し。


これ 大変だよね演じる方は。


へたっていっても
気持ちが伝わらないけど それでも役者さんなわけで
なんとなくはカタチになってる演技なわけですよ。


で、そこから思いが伝わる演技になっていく。


この演じわけが出来るってすごいなー と感動。


ラブストーリーなのも良かった。


きゅんとして 切なかった。




で、3本目もラブストーリー…系?
「KONKATSUシート」

野球観戦の特別シート
婚活シートにやってくる色々な男女。


あー でもあるんだろうなーと思えてしまうとことか
笑いのバランスとか楽しかった。


最後はキャラ達の大バラシ大会みたいになっていたけど
個人的好みとしては
少しずつバレテいって…みたいのが良かったな
って まあショートストーリーの時間的にムリですけどね。


なんか1本目と3本目にニューハーフが登場したのとかは
ちょっと面白い偶然だなーと。

さすが現代。みたいな心持ちでした。
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「ALTAR BOYZ」を観て来ました♪ | Home | STUDIO LIFE「11人いる!」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ