日本のゲーム機

ニコミュ「クリスマス・キャロル」をネット観劇しました♪

Category: 観劇感想   Tags: 湯澤幸一郎  

ニコニコミュージカル第一弾
 「クリスマス・キャロル」
12月23日ソワレをネット観劇しました
「クリスマス・キャロル」は気になってはいたのですが

まあ上京して観よう!というところまでは気分もあがらず


まあいいか と思っていたのですが



何日か前に急に
どうしても
ものすごく観たくなって



とはいえ
よし!東京観に行くぞ!というほどスケジュールの余裕はなく


うーん と思っていて思い出しました。



そうだニコミュだった。



というわけで
早速ネチケゲット。


絶対観れる時間じゃないと
と23日ソワレにしたんですけれど


これってタイムシフトで
後からでも観れるんですね。


だったら
初日とれば良かった。


ちょっと失敗。




でもですね。
心配もあったんですよ やっぱり


ネットで観るって
どの程度の質でしょうと。




けど すごく良かった。
楽しかった。


普通にDVD観てるくらいの感覚で観れて


で、幕間はホリエモン日記とかが流れて
それもネットならではな感じで楽しめたし。

 てか「3」ってあったんですけど
 毎回幕間映像違うのかな?


 そして「今公演は湯澤さんの幕間ショーはありません」って出ましたけど
 なんですか それは
 初日とマチネとかはあったという意味ですか。
 なんですか。明日とかやるんですか

 そこは俄然食いつきますよ。

 てかそんなんあるなら観たいし!

 ん?ないのか?

 よくわかんないし。



とりあえず、土曜マチネ次は観よう。

そして千秋楽も♪




これでネチケ1000円は絶対安い。



えっと
個人的にはこれなら2500円くらいは出してもいいと思った。


観劇数5万超えていましたが
あれ 実数なんでしょうかね。


だとしたらすごい。



これで観劇人口も増えたりするのかな。
増えたらいいな。





さて、
クリスマス・キャロルとはいっても
湯澤色のキャロルで
かなり面白く仕上がっていました。



個人的にはやっぱしもうちょっと湯澤色強めが観たかったけど
ニコミュ第一弾だしね。

一般視聴者とか考えたら
いい感じの雰囲気だったのかな という感じ。



ホリエモン主演ということでしたが

ホリエモンというよりも
スクールージの青年時代を演じた宮下雄也くんが主演っぽい。


雄也くんは表情が好き。
嫌な顔するときも
しゅんとする顔するときも
すごく響いてくる表情するので

ネットで観ると
特に表情よく観えてリアル観劇よりもその点はよいなーと思いました。

まあ カメラまかせでしか視点選べないのは仕方ない。



天使ガブリエルの新谷真弓さんは
すごく湯澤さんっぽいキャラで
動き方とかしゃべり方とか
もうすっごくきゅーとで

で、そのお衣装とかもあるけど
ちょっと別次元(いろんな意味で(笑)なとことか
天使っぽさというか
常人じゃないっぽいとこが
らぶりー。



天使ラファエルの寺田有希さんは
めちゃかわいい。
もう だってそのまんま天使でいいだろう
なんて可愛らしい♪て容貌で
あのキャラが なんともステキ。

黙ってれば可愛いのにーと思いながらも
楽しんでしまいました。



そして、天使ウリエルの松永一哉くん。


さすが動きが軽やかで、
ネットじゃなかったら
彼のシーンはかなり彼に注目してしまいそうな感じ。



で、大天使ミカエル。湯澤幸一郎さん。


もう出てきた瞬間あのビジュアルにもっていかれた。


うわ もう全力じゃん。


ステキすぎて思わず待ち受けにしたいくらい。



まさか大天使ミカエルという役で
あんなビジュアルでくるとは予想もしていませんでしたよ。

羽根の造形もすごくきれい。


三天使との差が(笑



さすがは大天使様です。





それから
フッキーとYOHくんの役にも驚き。


え?あの歳であの役って
まさかですよね。



本人達もきっと驚いたろうな。



でも そこがまた魅力的なキャラになってて
ほのぼのした気持ちになりました♪



べっちんもなんであの髪形になったのかよくわかんないけど
割りに変でもなく

そして
髪型のせい?か
いつもより顔がマイルドにみえました(笑



あ あと
一番の見どころ。


雄也くんとロア健治くんのスーツでのダンス。


うわーい。
スーツで踊ってる!
かっこいい!



おそらく踊りづらそうだけど
 とくに健治くん。
でもそこがまたかっこいい。




是非そこに注目しつつ。
もう2,3回観ようっと。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

無限男子☆祝☆リアルデビュー | Home | 「マグダラなマリア」再演

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ