日本のゲーム機

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラメルボックス「夏への扉」上演再開

Category: その他   Tags: キャラメルボックス  

キャラメルボックスの加藤昌史さんのツイート

 「自分たちの利益のために興行するのは許せない」というご意見を多数いただきます。
 光栄です。
 キャラメルボックスは物凄く儲かっているように思われているようですが、そう見せているだけですよ。
 お金を儲けたければ演劇をやってません。
 ▽http://twitter.com/#!/KatohMasafumi/status/48093615997730816



「光栄です」に痺れました。





上演を再開する舞台。
中止にする舞台。



どちらにしても大変な負債を抱えてしまうことだと思います。



もちろん
大きな それに耐えられるところもあります。

でも
大半は
耐えられそうにみえても
すごくぎりぎりの状態のところが多いと思います。



今、公演を中止した場合
チケット払い戻しになるから
収入がなくなります。


だけど
準備費用や、会場費などの経費は
支払わなくてはならないです。


収入はないけど
お金は出ていきます。



そして上演を決めた舞台も
お客様は少なく、
支出よりも収入が少なくなる可能性が非常に高い。



小劇場は特に
なんなら普段からそんな状態に近いところも多いのに

それで
このあと、継続していけるだろうか。




電力とか安全とか色々問題があります。


だから全部のお芝居が全部行われるのは問題があるとは思っています。


でも
上演を決めた舞台は、
それを考えなかったわけではないのです。



一観客でしかないけど断定で書いてしまいます。



すいません。

不愉快に思われたらごめんなさい。




今はそれどころじゃない。


みんな思っています。




色々、毎日考えます。



公演することは経済活動でもあります。
それでお金を稼いでます。


そのお金で支援もしています。



募金、物資の提供。

私が他に出来ることは
経済活動をとめないこと。



名古屋も仕事ストップしたりしています。

首都圏での仕事が多く停滞していることで
日本全体の仕事も滞っています。



チャリティ大事だよ。



でも
チャリティでもないのに行うな。とは言わないで下さい。




私が一観客として出来ることは
そんな彼らを大切に思っていた人たちが
また来ることが出来るように


彼らの活動の場を守ること。



たぶん、小さな力だけど



中止にした公演も
上演を決めた公演も。



今すぐに経済的に助けることはできないけど


でも、
どちらも
今、観れないけど
観れるようになった時に、観れる場がありますように。
□キャラメルボックス2011スプリングツアー『夏への扉』

2011年2月22日(火)~27日(日) 大阪 サンケイホールブリーゼ
2011年3月5日(土)~27日(日) 東京 ル テアトル銀座 by PARCO

原作:ロバート・A・ハインライン
翻訳:福島正実(ハヤカワ文庫刊)
脚本・演出:成井豊+真柴あずき

出演:
畑中智行 西川浩幸 坂口理恵 岡田さつき 大内厚雄
筒井俊作 實川貴美子 渡邊安理 多田直人 稲野杏那
林貴子 森めぐみ 小笠原利弥


□キャラメルボックス公式サイト
 http://www.caramelbox.com/stage/natsutobi/


▼加藤昌史ブログ
現状のご報告。そして、とにかく、劇場に来られそうな方は来ちゃってください。
 http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2011-03-17-1



キャラメルボックスは
実はtutiが出演した舞台を
しかも映画上映したのしか観てません(笑


でも、キャラメルボックスの書籍とかはたぶん全部読んでて
ステキな劇団だなと思っています。


次は必ず観に行きます。


だから次、必ず公演して下さい。



そして、
今は観ることが叶わない人たちと
一緒に楽しみたいです。


関連記事
芋洗坂係長チャリティLIVE観て来ました | Home | NODA・MAP 第16回公演「南へ」公演再開

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。