日本のゲーム機

「レ・ミゼラブル」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: レミゼラブル  


「レ・ミゼラブル」
4月17日ソワレを観て来ました
ジャン・バルジャン:山口祐一郎
ジャベール:石川禅
エポニーヌ:Jennifer
ファンテーヌ:知念里奈
コゼット:中山エミリ
マリウス:山崎育三郎
テナルディエ:三波豊和
テナルディエ夫人:阿知波悟美
アンジョルラス:阿部よしつぐ
ガブローシュ:鈴木知憲

グランテール:石飛幸治
クールフェラック:西川大貴
ジョリ:大津裕哉
コンブフェール:後藤晋良
フイイ:鎌田誠樹
レーグル:清原邦仁
バベ:HILUMA
ブリジョン:田村雄一
プルベール:二宮優樹
モンパルナス:藤田玲
クラクスー:石川剛
買入れ屋:吉川恭子
マテロット:穴田有里
ファクトリーガール:池谷祐子
ジベロット:万里紗
マダム:SACHI
少年1:野田久美子
少年2:高田亜矢子
かつら屋:三戸亜耶
 の回にて観劇です。



行こうかどうしようか
悩みに悩んだんですが、行こう!と決めて
ただ、いつ行くか。。。


で、観るなら
山口バルジャン、石川ジャベール、山崎マリウス、阿部アンジョに、藤田モンパルナスが観たい
で、出来ればガブローシュは知憲くんで

となったら、この回しかなかった。


本当は笹本エポニールも観たいし、スペシャルキャストも観たいし
ガブも明日翔くんも清史郎くんも観たいんだけれど

うーん、もう2回行けたら、観れるんだけど
余裕があれば、観るかも。



で、レミゼは
山口さんの歌声はやっぱりうっとりするくらい素敵だし
禅さんのジャベールはずっとまっすぐ向いていて凛としていて

いっくんのマリウスは優雅で、だけど男らしく
阿部くんのアンジョは真ん中でぶれなく
玲くんも帝劇に響く歌声が素敵だった。



ただ、
私、個人的には初めて観たレミゼの印象が強烈で
他の舞台は、キャストさんが変わると
こっちもいいな この方はこういう風になるんだ とか
どちらも楽しめるんですが

 あ、もちろん楽しかったんですけど

でも そうしても まだ初めて観た時のイメージが
そのまま残っていて
ちょっと違和感をそうしても感じてしまって。


こういうのは初めてです。


なかでもガブローシュは
たぶん初めて観たのが春口凌芽くんだったと思うのですが
すごく圧倒されて、


その世界の中でひたむきに生きている小さな子。
大人な中に入っていくのは
自分はその中で肩を並べられると思っているから
並べたいと思っているから
並べないと生きていけないから。

あのガブローシュが忘れられなくって
今日のガブローシュはどんななんだろう


ガブローシュお披露目会の動画観て、
どうしよう 誰の回にしよう、知憲くんも明日翔くんも捨てがたい
とか色々考えて、結果1回だけなら知憲くん。と思ったのだけれど

なんというのか
もしかしたらこれは、ルドルフの印象を引きずっているのかもしれないけど
ちょっと上品というか
泥臭さにかけている感じがしました。

とかいいつつ、ガブの最期のシーンでは号泣だったんですけどね。




阿部アンジョもやっぱり阿部くんは爽やかで力強くていいなーと思って観てたけど
後で考えてみたら
あんな中心にいる阿部くん、初めて観たかも。

というとちょっと言い方悪い?


引っ張っていく力強さ。


レミゼのインタビューで
明かされていたアンジョ合格秘(?)話。


だから、あのアンジョか。と感じました。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「CLUB SEVEN」を観て来ました | Home | 「少年ハリウッド」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ