日本のゲーム機

「KEEP OUT~勝手にアジトにしないで下さい~」名古屋公演観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 佐野瑞樹  川本成  湯澤幸一郎  

「KEEP OUT!~勝手にアジトにしないで下さい~」
 6月12日名古屋昼夜公演を観て来ました

ネタバレありなので
ご注意ください。
名古屋公演は湯澤さんが参加。


そして
東京公演と違ったラスト。



どんなだろうと
うきうきしていましたが、
はっと気づいたら


あれ?
湯澤さん出てこない。


あれ?
もう終わっちゃうよ?


というところで
湯澤さん登場。




湯澤さん参加により
ラストが変化。



昼公演は
東京公演のラストに
湯澤さん挿入感が目について

なんか、突っ込んだ感があるなあ
楽しいけど。

と思ったものの、



夜公演では
もう湯澤さんが登場しなかったら
ラストはあっさりしすぎかも と思うように(笑



で、
まあDVDはいないバージョンなんですけれど、

DVDは東京公演でラストが違うので観てください
といっていらっしゃったけど、

たぶん、名古屋観た人だと
物足りなさを感じる可能性が高いのでは…と
ちょっと危惧。



東京ラストはしんみり終わって

 あ、いや
 瑞樹くん、戸谷くんの掛け合いで楽しくは終わりますけど。
 みなさんの退場シーンはしんみりというか
 感動からの余韻で終わって

それは、それですごく好きだった。




けど
名古屋ラストは
そこからの湯澤さん登場で、

東京公演で予告されていた通り
キャラ一人のラストが変わっちゃうわけですが
あれ観ちゃうと

東京ラストに
あれ?だって!って突っ込み入れたくなっちゃう気がねえ。




名古屋バージョンをDVDにすれば良かったのに。


うーん
脚本家的には
東京バージョンがやっぱりベストということなのかな。


まあ
お話的にはね。そっちのがいいだろうな。



名古屋はちょっととっちらかってるかもしれないのかな。













本当は全公演終わっての感想で
成さん、健人くんの掛け合いでスタートして

で、
瑞樹くん、公人くんの掛け合いで終わる感じが

すごく好き。

って言う予定だったのですけれど

名古屋公演。
ラストが
瑞樹くん、公人くんのほかに
二人増えちゃってるから


いや、もうすごく好きなシーンで
めちゃ楽しかったけど


最初と最後の対比感がなくなってしまったのは
残念な気持ちもあったりもします。


まあ 両方観れて
良かった。










さて、



KEEP OUT
突っ込みどころが満載。



あのリーダー。
あの強盗経歴でよく銃を入手できたなあ とか



顔隠していたって
お揃いの服で毎回強盗入ってたら
気付かれるだろう とか ね。




でも、
リアリティーという意味では
ちょっと無茶だろう と思ってしまうけど

そこをがん!と入れ込んでるところが
勢いがあって、


そんなことよりも
ストーリー回しのが重要だろう。
と思わせてくれる楽しさでした。










真夏論でまっさきに思い出すシーンは
吉岡毅志くんが真ん中で体操座りしているシーンなのですが

 あのシーンで吉岡くんファンになりました(笑


今後、KEEP OUTで真っ先に思い出すのは
おまんじゅうになりそうです(笑



関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

D-BOYS STAGE 2011「検察側の証人(仮)」 | Home | RAGTIME S&D「ESORA」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ