日本のゲーム機

「FRONT LINE mission 1:CHILD PLAY」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 浅沼晋太郎  伊勢直弘  

Bugs Under Grooveとbpmのコラボ公演
B×b 「FRONT LINE mission 1:CHILD PLAY」
 7月2日昼公演を観て来ました
観終わって「面白かった」
というよりも

「次も観なきゃ」と思うような感じ。




導入部っぽい印象だったからだと思うんですけれど

といっても
もちろん
しっかりとストーリーあって
ちょっとほろっとして

という浅沼さんだなあ と思う物語なんだけど



キャラ紹介のイメージもあるけど

キャラ紹介というには
全キャラがっつり じゃないんだけど


なんていったらいいのか。


浅沼さん自身、シリーズものの1作目という意識で書いたそうなので

そういう印象なのは
当然 ということなのかな。




で、
キャラですよ。


どのキャラもくせがあって
可愛い。




今回のメインは平田敦子さん演じるりなちゃんかな。


全力でぶつかっていきたくなる
お姉さま。



谷口くんは
物語の外と中を行ったり来たり

している関係もあるかとは思いますが

なんとなーく
物語の外に というか
その空気感の外にいるようで

で、で、で、でも
最後は
谷口くんで仕舞っちゃう みたいな。



esoraもそんな感じでしたしね。


あの空気感好きですが、


それにより
bpm本公演。


bpmは今までと違って観えるのかな。


まあ 別にいつも同じ印象…というわけではないんですけどね。




さて
でもって
伊勢さん。
何歳設定なのかなあ 

鳥越さん。




…素敵。




小説家で
ホテルに長期滞在していて

飄々としていて


ああ もう 素敵すぎる。



それに、何より
あの突っ込み。。。。



素敵すぎます。



冷静に考えたら
一番好みなのは
IYO-Pのはずなんだけれどなあ。




一番笑わせてもらったのは
TETSUさんかなあ。



いらっとするキャラだけど
でも憎めない。
可愛い。




TETSUYAさんも。


筋肉バカって苦手なんですが
堂島だったら いいなあ と思ってしまいました。



浅沼さんの鳥羽は
うーん。


最後の終わり方のせいもあるけど
よく分かんない子。




ちょっとずつ分かってくるのかな
この先。




…なんとなく
予想はあるんですけどね。





マサミくんが代打で演じた武本。


あれ、大地さんだったら
もっとアクがあるイメージ。


マサミくんはするっとしている。


仕草がね。


なんかきゅんとしちゃうの(笑






そして
あのダンスですよ。




やっぱね。
バグズだものね。
踊らなきゃ…ってね それ?みたいな(笑





カーテンコールで
新太くん、猪狩さん、伊勢さんの3人でも同じダンスを。


ありがとう。
素敵すぎて
網膜に焼き付けました。




これって日替わりなのかな?

新太くんはともかく
いつも同じ人じゃない気がしますよね。


だとしたら
伊勢さん、猪狩さんにあたって
超ラッキー。



もう
ありがとうございました。









で、

えっとですね
私 一応持って行ったんですよ。
esoraの半券。




でもね。
浅沼さんにesoraの半券みせたら
サイン入りポストカード貰えるとかって

存外、ハードル高いです。


逆に話しかけづらい…。



なわけで、ポストカードは諦めて
そのまま劇場を後にいたしました。


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

イヌッコロ「ギャング・アワー」を観て来ました | Home | 高橋龍輝出演「仮面ライダーフォーゼ」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ