日本のゲーム機

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第1話を観ました

Category: ドラマ感想   Tags: ---

チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第1話を観ました
主要キャストはチェックしていたけれど

誰が何役かは未チェックで視聴。






島津が安田顕さん。


うん。


うん。



なんだろう

それだけ聞くと
なんとなく(私の持つ)原作イメージに近い気もしなくもないんですけど



でも。



でも。



でも。




観たらもう。


違う。島津じゃない。







とか、なんとか言ったりしても

一番違うのが
メインキャラの田口先生と白鳥さんですからね。



もう、この二人に関しては
原作のかけらもないですからね。





そこにもってきて
原作のキャライメージとか
もう持って観るのもおかしな話しなんですけど


やっぱりね
初見キャラはちょっとそんなことも考えてしまいます。



うーん。
島津先生は
そもそもドラマは田口先生と同窓生の友人という設定がない模様なので
もう同じ名前の別人くらいの心構えでみるべきか。



とね
原作のかけらもない田口先生との関係性が
原作踏襲してるかどうか

もう(自分的に)重要かどうかも
よく分からないですけどね。









島津先生はあんなイケメンじゃないもん。




で、まあ
イケメンじゃないといえば
宇佐美が福士誠治くん。





これはね。
まあ まったくの別人なんだけど
でも なんとなく納得。




あの宇佐美の強烈な個性はなくなってるけど
芯は一緒っぽい雰囲気を感じます。






あとは
玉ちゃん。




まさか玉ちゃん出てくるとは思ってなくて
ちょっとびっくりしました。




そして
やっぱり玉ちゃんもイメージと違ってはいるんですけど

でもまあ 可愛いから大丈夫(笑





ただ、
あの。



加納はいないんだなあ。




ああ、まあ
出てくるわけにもいかないんだけど。



でも

玉ちゃんいるのに。



て、やっぱ思ってしまいます。










うーん。

ドラマのバチスタって
キャラは記号的に役目を果たすもの
というのが強いから

原作がこうだから とか関係ないんですよね。



といいつつも
田口・白鳥を除く主要キャラは
割とイメージ重視してる感もあったので
今回はなんか違うなあ という印象

 ってね。私だけイメージじゃないけど
 多数のイメージなのかも ですが。




でもね。
田口・白鳥がこうなので
その状態で他、原作通りにされても
なんか困るし、


連ドラ仕様に改編するわけだから
これくらいした方が面白いとは思っています。



そして
原作、ドラマとも
田口先生好きですし。




そして
原作田口だったら
多数の感動シーンはつくれなかったでしょうし。






原作との違いは違いとして


田口先生の可愛さに
きゅんきゅんして
毎週楽しみに観ます。


関連記事

テーマ: テレビドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

「嵐が丘」を観て来ました | Home | 「ROCK MUSICAL BLEACH」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ