日本のゲーム機

ミュージカル「嵐が丘」を観て来ました(3日目)

Category: 観劇感想   Tags: 嵐が丘  笹木重人  

ミュージカル「嵐が丘」
 7月18日東京公演を観て来ました
メンタル的にあまりよくない状態での5回目観劇。


それでも
重さんが登場すれば
自然に目が吸い寄せられる。



が、

メンタル的には
重さんをしっかり堪能♪という感じじゃないし


この回は
全体をしっかりと把握することに意識を向けた方がよいのではないかと
意識的にちょっと視界を広く。。



その甲斐あって
ようやく舞踏会のシーンや
結婚式のシーンの人間模様もみえてきました。


昨日もみえてきた と思っていましたが
よく考えたら
昨日はリバプールまでで
その後は
皆様の動きは見ていても
意識はほぼ重さんに集中しちゃってたんでしょうね。


ようやく色々分かってきて

ますます重さん素敵だなあという
気持ちが深まる。





この流れから考えて

やっぱり重さんの舞台を観に来るなら
1回、2回じゃ全然足りない。




だって
1回目、2回目は
重さん欠乏症からのようやくの解放期だから

どうしたって、かぶりつきで観てしまう。



そこからようやく満たされてきて
全体を観れる余裕が生まれてきて


で、全体を観れたところで
重さんを観て またより堪能できるというもの。




おなか減ってる時に
がっつくなって言われても
無理でしょう?









それにしても
重さんは私に色々なものをくれる。




この日
メンタル的に優れていなかったのも
観劇前に
ある出会いがあったから。





その子のことで頭がいっぱいで
もう真っ白だった。





もう何も入らないと思った。






けど、
嵐が丘観て
観終わる頃には
重さんに夢中(笑




この日のカーテンコールの
去り際の重さんも素敵だった♪


手のひらを左右に振る姿がとにかく可愛い。




DVD去り際の笹木重人とかあったら
買いますけど私。








もう
この日は
涙が出てくるくらいの
お人形と出会えて。





重さんを観にこなければ
私、この子に会えなかった。




しかも当初は7月頭に展示終了のところ
この日まで期間が延長になったからの出会い。



ミラクル。






昨年も
重さんを観に来た時に
たまたま行けた人形展で
衝撃的な素材と出会った。




これでとにかくお人形をつくりたい
と切望した瞬間。




あの衝撃があって
今、その素材に毎日触れる幸せがある。





重さんを観に行くと
なぜかそんな
私のターニングポイントになるような
すごい出会いが訪れる。





重さんに出会ってからの私は
とにかく幸せ。





大変だったり
辛かったり
思い通りにならなかったり
落ち込んだりもするけど


でも幸せ。





重さんを観ているだけで
とても幸せなのに



重さんの方を向いているだけで
こんな素晴らしい出会いが訪れる。




まったく
重さん関係ないっちゃないんですけど


でも
私の幸運は重さんからやってきている
と思ってる(笑












終演後は
アフタートークショー
安倍なつみさんとゲストで中澤裕子さん。





トークテーマのひとつ


エドガーとヒースクリフ。
あなたが選ぶならどっち。



って、
これ選ぶの無理でしょう。





だってさ
あなたがキャサリンならってなったら
キャサリンはヒースクリフ込みでキャサリンだから
そりゃヒースだし。



そうでなく、
たとえば
嵐が丘に訪れて二人と出会って
どちらを選ぶかってなったら

ヒースは
キャサリンが好きだからヒースなんだもの。




エドガーは
キャサリンなしのエドガーもありだけど


ヒースは成長過程で
キャサリンが染み渡ってヒースになっているのだから


だから
キャサリンが好きなヒースと
エドガーとどちらを選ぶかということになるから


うーん
よっぽどエドガーが好みじゃないんじゃなければ

ヒースは選びにくいと思う。



 とはいえ
 キャラクターとしては
 映画の嵐が丘なんかではヒース大人気ですけどね。







キャサリンとイザベラなら
二つ返事でイザベラを選びますが。



イザベラ可愛い。






関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

佐野瑞樹出演ミュージカル「アプローズ」千秋楽 | Home | ミュージカル「嵐が丘」を観て来ました(2日目)

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ