日本のゲーム機

ミュージカル「嵐が丘」東京楽を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: 嵐が丘  笹木重人  

ミュージカル「嵐が丘」

 7月24日東京楽を観て来ました
2回目の2階席。


やっぱり
2階席からの眺めは素敵。


とても観やすく、とてもきれい。




大阪は、上から観られないから
この光景をしっかりと目に焼き付けておこう

…と
決意したものの。

ついつい オペラグラスに手が伸びる(笑





だって、重さんが1週間前よりも
跳ねてる感じなんだもの。



気のせい?



それとも
跳ねてるのは私の心臓か?





と ね
オペラグラス使いたくなるよね。


と同時に
なしでも観たいの。



なんでオペラグラスありとなしと同時に観えないの!と
このもどかしさ。




リバプールでは

オペラグラス使ったり、はずしたりと
もう大忙し。




にしても
リバプールがなんだか新鮮。


まるで初めて観るような光景。




6回目のはずなんだけどなあ。





2階席だって、
前、2階席だった回も、ほぼ同じくらいの位置だし


なんでこんなに新鮮に思えるのかしら。。。?





あ。





そうか



前回の2階席の時は私。




あまりに素敵によく観えたから
重さんの登場と当時にオペラグラス構え
退場までずっと離さなかったんでした。



あ、だから。





だとしたら
前回、ちょっともったいないことしたような気もするけど

でもオペラグラス使ってたからこそ
素敵な重さん観れたわけだし。。




もったいなかったのか…な…?






もう、
どっちにしても軽い後悔が出て来てしまうんですけれど


だって、
もう リバプール
すごく すごく 素敵なんだもの。



もっと もっと観ていたい。



本当に、
リバプールの場面終わると


もう1回、
お願い もう1回

って思ってしまいます。



何回観ても 何回でも観たくなってしまいます。






そして
同じくらいうっとり素敵なのが
ギャンブルの場面。



だけど
そちらは
観終わった後、
ほーっとため息ついて、
胸の中で何度も反芻してしまうくらい素敵。


で、今日の重さんのそのシーンは


なんなの。



もう 半端なくかっこいい。。



いつも いつも
かっこいいんですけど



このかっこよさといったら
この上ない。




しばらくこの思い出だけでどきどきできます。









で、
毎回すごく楽しみにしているカーテンコール。





今日の重さん。。。


可愛い。。。



ちょっと、もう。
言葉に出来ない。
可愛すぎて。。




心の中で
絶叫です。



心臓の自己主張が半端ないです。









ああ、もうね
行きの新幹線で


今日、ちょっと貧血っぽいな
というか
血が回ってない感じ。
ちょっとやばい


とか思っていたのに


完全に吹き飛んだ。





うん。

そりゃね

こんだけどきどきして
血液回せばねえ。







そか
今度から
こういう時には
重さんの写真をみることにしましょうか(笑



関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

X-QUEST「ムサ×コジ」観て来ました | Home | 佐野瑞樹出演ミュージカル「アプローズ」千秋楽

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ