日本のゲーム機

「うさぎドロップ」を観て来ました

Category: 映画感想   Tags: 笹木重人  


映画「うさぎドロップ」を観て来ました
うさぎドロップ。


漫画は途中までしか読んでいないけど
ちょうど映画の部分が私の読んだとこくらい。




芦田愛菜ちゃんのりんはすごく可愛いし、
松山ケンイチくんのダイキチは
すごくはまっていると思う。



最初、ダイキチのキャスト聞いたときに
なるほど と思いましたもの。


聞いた瞬間に
それ以外いないな と。





で、ゆかり役が香里奈さん。

ゆかりは
設定が漫画とはまったく違うので
ほとんどオリジナルキャラですね。





映画のうさぎドロップは
ダンスシーンがありますが。





あのダンスシーンがあって
だからゆかりはあの設定になったのか




それとも
あの設定だったから
ダンスシーンが生まれたのか。。




ダンスシーンは
動画公開されたのを観て


どんなところにダンスが入るんだろうと
どきどきしてました



まさか あんなとは。。。



展開早くて
置いてかれそうになりましたが
面白いシーン。



ダイキチの心の動きを
まさかあんな表現で出すとは。。



そして
なんとなく
終盤に入るシーンかと勝手に思っていたので

かなり序盤での登場で
あわあわした気持ちになりました(笑




なんせ ここ観にいったようなものなわけですから。






振付 紀元由有さん
振付助手 笹木重人さん







エンドロールで重さんのお名前みて
すごくうれしい気持ちで劇場を後にしました(笑







ダンスシーンが動画公開されてから

振付は誰なんだろうか と思ってましたが

紀元由有さんでしたか。






紀元さんといえば
ミュージカル冒険者たちの振付された方ですよね。


あの可愛い振りをちょっと思い出して
微笑ましい気持ちになりました。


あれ? そうするとお遊戯会の振付もやってらっしゃるのかしら?

それは別の方?とか 既存である振りとかなのかしら?




可愛いお遊戯会は、

いっぱいいる子供の中で
我が子をみちゃう気持ちが
ちょっとわかりました。



映画なんで
そういう構図で撮ってるのを
ただ観ているだけのはずなのに


ついついりんに目がいっちゃう…ような気持になりました。





ひとつひとつのエピソード。
りんの表情。

シーンが変わる度に
涙 涙。





ちょっとね。

漫画の続きを読みたくなりました。





でも
まだ映画のイメージの中にいたい気持ちもあって


漫画読むと ちょっとずれてきちゃうと思うから
 というか 戻るといった方が正確か?

もうちょっと 後で開こうかな。






アニメも観たいですね。




アニメは
ダイキチを土田さんがやっていらっしゃるので
一度観てみなくては とは思ってはいるんです。





よし。

とりあえず録画予約してみよう。






[2/2追記]
本日、うさぎドロップDVD発売~♪


流石にDVDまで買うのは…。と思ったのは最初だけ。


だって、メイキング入ってるっていうからあ。

そしたらね、ちらっとでも映ってたらいいなって、
妄想しちゃうのは仕方ないでしょう~?


しかもお値段がお手頃だった。



で、まあ
かなり早い段階で予約しておりまして、
本日届いてさっそくメイキングを拝見。



メイキングががっつり60分。

これならあのシーンもあるでしょう絶対。
とどきどきしながらみておりましたところ、

ありました!ダンスシーンのメイキング。


でもって
しっかり重さんも映ってました。


も、
ちらっとなんてものじゃない。


重さんのダンスをちょっとみれて幸せ。

とりあえず、何度かリピート。


重さんの笑顔がしっかり映ってて幸せ。


やっぱ、リピート。




こんなんで、ダンスシーンからなかなか先に進まない(笑




重さんみていると
ホントに他のこと一切忘れて見入ってしまう。。。



かなりの全力で観ていたので
疲労が…(笑


けど、もう
幸せすぎる気持ちです。


関連記事

テーマ: 日本映画 | ジャンル: 映画

「海賊戦隊ゴーカイジャー第27話」 | Home | 「サムライ・ナイトフィーバー」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ