日本のゲーム機

「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第8話」

Category: ドラマ感想   Tags: 福士誠治  


「チーム・バチスタ3 アリアドネの弾丸 第8話」
島津先生は
この為のオリジナル設定だったの!?



途中登場の為の
オリジナル設定だったのかと思っていましたが


 だって、いきなり田口先生の同級生で友人として登場するのも不自然だからかなと。


これは
なるほど という展開。



バチスタのドラマは
シリーズを重ねる事に
ドラマオリジナル設定が上手くなっていってて
いいですねえ。



シリーズ1の時は
ズッキーが素敵だったので
満足でしたけど
話しとしては ちょっと苦しい感じがしましたが

シリーズ2からは
かなりいい感じにオリジナル要素を入れていて
毎週楽しみです。



で、

素敵な島津先生を堪能しつつ



宇佐見のかっこよさ。。。



うわ もう なんだこれ
福士くんかっこよすぎ。





もともと小説でも
宇佐見は好きなキャラではあったけど

ドラマの宇佐見は
まったくの別人ですし、

だけど
なんともいえない宇佐見っぽさがあって、

それがいいなあ と思ってはいたけど


ここにきて
完全にどはまりしそうなキャラになってきました宇佐見くん。




来週どうなるかわかりませんが

孤独で
追い込まれ
信念があり


クールすぎる見た目と
外にはほとんど表れていないはずなのに
彼の心情を思うと張り裂けそうになる気持ち。



ここまでの宇佐見くんをみせてくれた福士くんに感謝したくなるくらい。




どんなとこに着地するのか。

来週も楽しみです。


関連記事

テーマ: テレビドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

トライフルエンターテインメント「コカンセツ!~再演~」 | Home | スタジオライフ音楽劇「夏の夜の夢」「十二夜」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ