日本のゲーム機

長谷川哲朗出演「アダムとイブ私の犯罪学」

Category: 上演情報   Tags: 宇野亜喜良  長谷川哲朗  

長谷川哲朗くんが
寺山修司×宇野亜喜良 45年ぶりの復活作品
 青蛾館『アダムとイブ私の犯罪学』に出演
□青蛾館『アダムとイブ私の犯罪学』

2011年10月19日(水)~24日(月) 中野 劇場MOMO

作 : 寺山修司
構成 ・ 美術 : 宇野亜喜良

演出 : 野口和彦(青蛾館)
演出協力 : 森崎偏陸

出演:
野口和美 近童弐吉 長谷川哲朗 点滅 小林桂太
村田弘美 市川梢 今村美乃 曽田明宏
岩倉金太郎 松永健資 神田正美 小松明人

友情出演 : 雨蘭咲木子(ナレーション)


□青蛾感公式サイト http://www.seigakan.jp/



最近、本当に宇野亜喜良さん美術の舞台の情報をよくみますが、

寺山修司に宇野亜喜良。

に、てっちゃん出演というので

えええええええー!!!!!

という感じの驚きで、

スケジュール的にも
ちょうど東京滞在中。

なんだけども
えー、スタジオライフと現在秤にかけております。

ライフも宇野亜喜良さんですねー。


どちらに転んでも
宇野ワールド。



が、しかし
この辺観たいの多くって、
戦国BASARA3も始まるんですよね。


うーん。うーん。
全部は観れないんだよ。





宇野亜喜良さんは
その世界観はすごく好みなんだけども

デザイン学生時代に
学校にいらっしゃった宇野亜喜良さんの講演内容が大っ嫌いで(笑

学生中 心中大ブーイングな感じで、


まあ 今聞いたらまた違うかもなんですけど
だから まずキライ がどうしても先に立っていたんですが、


先日 人形(ヒトガタ)展に出品されていたお人形が
すごく好きで。


ああ、
立体になるとこんなにも
すごいものになるのか

と思ったら

キライな気持ちは随分ちいさいものになってきました。


な ところで
タイムリーに
舞台の宇野亜喜良。


観たい。




あ、
その中での
てっちゃんも
もちろんめちゃ 気になる。



 
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

「マグダラなマリア~魔愚堕裸屋・恋のカラ騒ぎ~」を観て来ました | Home | ミュージカル「薄桜鬼」斎藤一編

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ