日本のゲーム機

*pnish* vol.13「トラベルモード」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: *pnish*  

111120_113936.jpg
 *pnish* vol.13「トラベルモード」
 11月20日 名古屋昼夜公演を観て来ました
ひっさびさにがっつり*pnish*でした♪


トラベルモード
ほんっとに楽しかった。





モードシリーズは、
サムライモードのあと、
マハラジャモード、ウエスタンモードときて、

マハラジャモードは楽しかったけど
そして神戸、名古屋と観に行ったけど
そして当時私の心理状態をすごく救ってくれた作品だけど、
でも 本人たちも言っていた通り中身がない感じはありました。

で、続くウエスタンモード。
これもすごく面白かったし、
舞台演出とかしびれる感じだったし、
リピートして楽しめた部分もあったけど、

でも、その次の今回「トラベルモード」は1回観ればいいか。

という感じが自分ではあったんですよね。



なんというか
今まで2回は少なくとも観てたけど
色々観すぎだし、
まあ 今回*pnish*は1回でいいか。って。


絶対観たいけど、1回で満足できる気がしてきてました。



が、
昼公演観て、


うわああああ。

これもう1回観ないなんて 勿体なさすぎる!と
終わってすぐに夜公演のチケット予約。



ホントにね
すごっく良かったです。




 物語として1回で満足させてくれるお芝居も
 何回も観たくなるお芝居も
 どちらも優れている と思いますが


トラベルモードは
私の好きな*pnish*のお芝居はやっぱりこうなの!と思わせてくれる内容で、

だけど
昔に戻った というわけではなく
その雰囲気はありつつも

昔はもっと力技で笑わせて来ていたところが
すごく自然に笑いを起こしている感じとか

ストーリーの持ってき方とか
色々 素晴らしくて

なんか
今までの色々なお芝居を経て、この舞台が出来ているんだな と
変に感動してしまいました。





お芝居が始まって、

相変わらずオープニングがめちゃくちゃ素敵。



映像の使い方が本当に*pnish*はうまいなあと
いつも思います。



*pnish*の公演のオープニング
大好きなの。



これは生で観る価値があると
観る度に思う。




今回のオープニングは
殺陣もあったので更にどきどきです。



敵が出てくる位置とかタイミングとか
絶妙。



素敵です。








さて、本編。



お衣裳はパニカラーなんですね。


揃うときれいな色合いで
かっこいいです。



そういえば
大樹っちゃんがブログで目力目力言ってたわけが
やっと分かりました。


ああ。

出てきただけであれだけ笑いを起こすってすごいなあ。





山田悠介くんはとてもきゅーとなお芝居をしますね。


塁人くんのジュシャールは
真面目にかっこよくしているだろうところが
すごく面白い。

でもその自信のとおり
すごく強い…

のに、最後のアクションの展開は
ストーリーとしては苦しくないだろうか とちょっと思ったりもしましたが


なんだろう *pnish*は
それを有りだと思わせてくれる力強さがある。



ミレディは
特にエレガントで素敵な方でした。


なんというのか
ミレディの優雅な佇まいが
国家の出来事に対する説得力を出している気がしました。

しぐさのひとつひとつが
気品がありました。


なんか もう
全部持ってった感はありましたね(笑




大樹っちゃんのマルセルは
ちょっと怖くなるくらいの仕上がりで。

いやあ いらっとしましたね(笑



ワッシーのレイモンは
よく考えると
アラミスをまったく演じてない。


もしかすると
アラミスを知らないのかもしれませんね。


大きい子が小心だと
なんだか可愛く思えてしまう。




ツッチーのエディは
とにかく すごく大変そう(笑


めまぐるしく ばったばたで
こっちまでおろおろしそうになりました。




主人公がエディなんですよね。



力強く終わっていくところが結構好きです。






そしてダルタニャンが栄治さん。


いやいやかっこよかった。


意外とパーマが似合う(笑






あ、
大変岡田さんのことを忘れそうだった。



岡田さんは
登場したところから
ラストまでで印象ががらっと変わるところがすごいけど

だけど
良く考えたら
最初から一貫した仕事っぷりで、

ふわふわした感じと
しっかりした感じ…というとちょっと語弊があるかもしれないけど

んと 芯がある感じ?が
いいバランスで、


もっと注目して観たくなりました。





そういえば
小さい男の子が客席で
すごく楽しそうに笑って
拍手していたのが なんだか とてもうれしかった。



そうだよね。
よく考えたら*pnish*の舞台って
絶対男の子が好きなお芝居だものね。


こどもデイとか
親子シートとか
あったら

未来の観劇ファンが増えそうじゃない?
なんて思いながら 微笑ましい気持ちになりました。




ああ 楽しかった♪


関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

ACファクトリープロデュース「リバースヒストリカ」を観て来ました | Home | 「隠蔽捜査」「果断・隠蔽捜査2」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ