日本のゲーム機

ACファクトリープロデュース「リバースヒストリカ」を観て来ました

Category: 観劇感想   Tags: ACファクトリー  リバースヒストリカ  

ACファクトリープロデュース
 「リバースヒストリカ」
11月27日昼公演を観て来ました
実は生でリバヒス観るのは初めてです。


パニ版のリバヒスは都合合わずDVD観賞のみで、

でもって、リベンジと思ったZ団版もどうしても都合つけれずDVD鑑賞。


で、
AC版リバヒスと聞いて、

もうここは絶対行くしかない!と思ったものの、
危うく行けなくなるとこでした。



ああ、観れて良かった。




どうやら栄治さんとワッシーも同じ回を観ていたよう?なのですが
まったく気づかず(笑



周りみないから。

気付くことほぼないね。





さて、
で、

念願のリバヒス!




うわーい新田くんだよお。




出来れば!
新田くんも降臨組であって欲しかった気持ちも
大いに 大いにあるんだけれど、



だけれども
小柄でちょこちょこ動くオタクな霊媒師に新田くんはぴったり。



いやあ。オタク役似合います。



新田くんの動きを思い出すだけで
ほんわか幸せな気持ち。





だけれども
今回見どころ多いですから
新田くんにばかり見惚れているわけにはいきません。




やっぱね。和物はいいんですよ。


刀が出てくるとやっぱりときめきます。


今回
アクションシーンに入った時に
バックの照明が
ガラッと空気を変えていて、

あの空気感を体感できただけで
行った甲斐があったというものです。




いっちばん 素敵だなあと思うのは
やっぱり秀吉で、

軽やか。



左手に鞘もっての殺陣が
BASARAの三成をちょっと彷彿とさせましたが、

そのイメージからなのか

それとも
そのちょっとハンデがあるように見えるからなのか

片手に鞘もっての殺陣って
色気があります。







信長対秀吉は
もう かっこよすぎて
時間が止まりそうでした。




そして
富田さんのアクションは
やっぱりすごいですね。



感動しました。




かっこいい!と思った後に
遅れて、

今のすごい!という感動がやってきました。




勝家は大きなアクションが素敵だし

蘭丸は小太刀だから小さく
きれいな動きで



色んなアクションがみれて楽しい。





最後は、
三成も登場で、


三成は、
刀を逆にもって構えていたので、
なるほど、

秀吉に
体を傷つけないように戦うように
きっと言われたからなのね。


流石忠義もの。
と思ってみていると



次のシーン。

秀吉は
普通に刀持って戦ってました。



まあ 相手が信長ですからね

そんなわけにもいかないでしょうしね。



そもそも峰打ちするにしても
逆には持たないか とか思いながら、


ああ いやいや
でも その方が
意志が伝わりやすいしなあ とか



いっろいろ考えながら
色々思い起こさせてくれる楽しいアクションシーンでした。



色んな人のいろんな思惑を感じますね。




しかしまあ

今回のリバヒス
やっぱり一番は
津田さんでしょう。



津田さんの歌に
もう 歌ってる間中笑わせてもらいました。



なんだろうね。
ミュージカルで観ると見惚れるのに

なんでこんなに笑えるんだろうね。




これは
ちょっとくせになるかも。



アクションあり
美声ありで


とても楽しい時間が過ごせました。


関連記事
ミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を観て来ました | Home | *pnish* vol.13「トラベルモード」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ