日本のゲーム機

スーパーミュージカル「聖闘士星矢」をネット観劇しました

Category: 観劇感想   Tags: 湯澤幸一郎  


スーパーミュージカル「聖闘士星矢」再演
 12月25日ソワレをネット観劇しました
初演を見逃して…というか、

いつでも観れると思うと
逆になかなか観ないっていう感じで

再演を機にようやく観劇 という感じですね。。




聖闘士星矢は
子どもの頃に流行っていたアニメ。。なんですが、

あんまりテレビを観る習慣がなかったからでしょうか。

まったくみておらず、

なんとなーく メインキャラの名前とビジュアルが分かる。
あと、なんか戦うアニメ。

あとなんだろう
星座がなんか出てくる みたいな
そこはかとなーい知識なもので、



キャラが登場しても
うわー 本物だ とか はまってる みたいな印象も持てず、

あ、もちろん
絵はなんとなく知ってるから

ああ なるほど似てるな くらいは思うんですが

そういう面では感動薄かったと思います。



SMAPよりは…というか
比べようもないクオリティだ とは流石に思いましたが。。




ストーリーも
聖闘士星矢を知らなくっても
充分分かるように出来ていて 一安心。



一番のお目当ては
やっぱり湯澤さんのエリス。


どんな感じなのかな って思っていましたが
すごい邪神っぷりで(笑

素敵な女神様。



湯澤さんは
2日目くらいまで一オクターブ低く歌っていたそうですが
千秋楽では通常トーンというのかしら
エリスボイスで歌っていらっしゃって、

今まであまり聞いたことがないトーンでの歌声で、

これを全編通して、このトーンで歌うって
すごいなあ。



エリスってなんで湯澤さんなんだろうって
初演のキャスティング出たときに思ったんですよね。

いや、なんだろう
集客という意味では分からなくもないんだけど、

でもメインキャストさんだけでも
結構ないいラインナップでしょう?

そこは普通に女優さんでもいいんじゃないの?って。


けどね
この声で、
でもってあの存在感。

これは、もう他のキャスティングは考えられないと思っても
仕方ないだろうと納得。





女神二人の対決は
とても素敵でした。



で、そこに聖闘士がいっぱい。


ええ、
一応一人一人
知ってる子がほとんどではありますが、

なんか もう いっぱい出てくると
一人一人に対応できないんだよ。



週刊漫画とかでも
盛り上がってキャラ増えてくると
途端にわかんなくなっちゃって、読むのやめちゃうような
理解力乏しんだからあ。







戦闘シーンは
演出がかっこよかったです。

こういう
アンサンブルを使った戦闘シーンとかって
すごく好き。

舞台だなあ という気がして
うきうきします。


かっこよかったし、それにきれいだった。

んだけど、
星矢戦。
紫龍戦。と続いたところで


ちょっと観つかれて来てしまい、


うーん。これ
このあと、やっぱり氷河戦、瞬戦と続くんだろうな と思ったら
単調だなあ と思い始め、

た のですが、



流石にそんなわけもなく


最後はジャガーにかなり泣かされました。



ううう、ああいう展開は
もう絶対泣くでしょう。


号泣。




思い出すだけで
あれは感動です。







ちょっとね
精神的にちょっとイライラしやすくなってるみたいで、

そうじゃなかったら
途中、単調だな とかも感じなかったかもしれないので

そういう意味ではちょっと
観る時期間違ったかも とは思いますが、


もっと
今!観たいな時期に
今度は初演をタイムシフトで観たいな と思っております。
関連記事

テーマ: 舞台・ミュージカル | ジャンル: アイドル・芸能

観劇~2011年~ | Home | 川野直輝くん主演の「ウルトラマンプレミア2011」を観て来ました

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ