日本のゲーム機

名古屋からの東京観劇 お得チケット

Category: その他   Tags: お得きっぷ  新幹線  

名古屋在住の私は
ほぼ月1~2で東京観劇しているのですが
 (減らそうと思ってるのになぜか減らない)

出来るだけ交通費を割安にしないと
なかなか厳しい状況です(笑

で、
お得チケットで出かけることがほとんどなのですが

お得チケットって
あまりご存じじゃない方も多いということに
最近気が付きまして


私が東京観劇行く時に利用するチケットをちょっとご紹介。
名古屋→東京の
スタンダードな交通機関といえば
もちろん東海道新幹線。

料金 10,980円。

お時間 約1時間40分。


急いでいる時には便利なんですが
毎月毎月払うにはちょっと痛い。
 (うん 行くの減らせばいいんだけども)


で、私がメインで利用しているのがこれ

「ぷらっとこだま」

 ▽ぷらっとこだまエコノミープラン
 http://www.jrtours.co.jp/kodama/


こちらはJR東海ツアーズさんの商品で
ざっくりと説明すると
こだまの指定席券にワンドリンクチケットがついて
7,900円。

ただし こだまですので2時間50分かかります。

更に、注意点としては
JRのチケットではなくって
JR東海ツアーズの商品チケットになりますので
指定した新幹線以外には乗れません。

もしも乗り遅れたらチケットは無効になってしまいます。


普通の新幹線の指定席券ならば
乗り遅れても
自由席ならば他の時間でも乗れますが
ぷらっとこだまは乗車券ではなくって旅行会社の商品チケットですので
乗れないのがネック。


だけど
この安さは魅力なので
観劇時間が早いと
かなり早く出発しないといけないんだけど
基本これです。


購入は1か月と1日前から
出発前日までできますが(JR東海ツアーズで)

あまり間際だと
既に希望時間満席で売り切れということもありますので
ご注意ください。




ぷらっとこだまは時間の振り替えが出来ないので
私は大体
行きがぷらっとこだまエコノミープラン

で、帰りは
上演終了時間がよく分からなかったり
分かっててもカーテンコールで押したりするのが心配だし
ソワレも観てると遅くなるので
早く帰るために
普通の新幹線チケット というのが定番。


ただし、たっぷり時間の余裕が取れる状況なら
往復で(帰りの時間に余裕を持たせて)
ぷらっとこだまエコノミープランです。




この
ぷらっとこだまエコノミープラン。
実はプラス1,000円でグリーン車に乗れます。


ということは
8,900円。



グリーンに乗っても普通の新幹線のチケットよりもお安いです。


なので
エコノミープランが満席売り切れの時は
グリーン車のプランでチケット取ってます。




しかし ここまでは通常期の話。

繁忙期は料金が9,000円になります。


もちろんこの料金だって
新幹線のチケット普通に買うより安いんですが、


JRのお得チケットに
ひかり早特きっぷというのがありまして
こちらが料金9,200円。


 ▽ひかり早特きっぷ
 http://railway.jr-central.co.jp/tickets/topics/hayatoku/hikari/index.html


200円出すだけで
2時間50分かかるこだまから
2時間前後で到着するひかりにランクアップ出来るんです!
(ただし、ワンドリンクはつかなくなりますけど。)


ひかり早得きっぷはJRの商品なので
もしも乗り遅れても
当日のひかりかこだまならば自由席に座れます。



購入は、1か月前から出発の1週間前までできます。






昔は、
長距離バスで行ってたんですが
流石に年を取ると
長時間バスに揺られて行くのはツラくって(笑

お時間 約6時間。


 ▽JR東海 高速バス
 http://www.jrtbinm.co.jp/highway/direction/

料金片道 6,420円。

更に往復割引とか早割とかでもっと安くもなりますが、
行きに使うと早く着きすぎて時間を持て余し

お食事したりとかしてお金を使い
結果ぷらっとこだまと同等くらいになるなら
時間かかるだけ疲れるし、勿体ないので
最近はもっぱら新幹線です。

もっと遅い時間の帰りがあれば
帰りだけ利用してもいいんだけれど
この時間乗れるんなら新幹線で帰れるし、
という時間しかないので利用しづらくなりました。


ちなみにお昼の便なら 5,100円。


20歳くらいの頃は
昼の長距離バスで行って、
午後からお芝居観て
夜行バスで帰ってたなあ。
関連記事
「海賊戦隊ゴーカイジャー 第45話 慌てん坊忍者」 | Home | 向田邦子新春ドラマSP「花嫁」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ