日本のゲーム機

携帯の着信音により指揮者が演奏中断

Category: その他   Tags: ---

NYフィルの公演中に
 携帯電話の着信音が鳴り響き
演奏中断した件
▽NYフィルの公演中に携帯の着信音、指揮者が演奏中断(CNN.co.jp)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120113-00000008-cnn-int



あまりにも最悪のタイミングで鳴り響いた携帯電話の着信音。


この着信音に対しての指揮者のギルバートさんの対応が
とてもかっこいい。



もちろんニュースは和訳なわけですから
ニュアンスが多少違うかもしれませんけれど、



その携帯電話の持ち主への
言葉が「終わりましたか?」というところに痺れました。




止めてくれませんか?
退出頂けませんか?などではなく
「終わりましたか?」




そして
無反応な男性に対して、次が「結構です、待ちましょう」




▽携帯電話の音で演奏中断=指揮者判断、聴衆は支持―NYフィル(時事通信)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120113-00000017-jij-int




時事通信さんのニュース記事には「電源オフ」を求めた
とあります。


これだけ読んでたら
ひどい観客と一緒になって、他の人たちは不憫だなあという気持ちと
悲しみとか悔しさとか そんな気持ちだけしか残らなかっただろうけど、



その対応が
「終わりましたか」だったのなら
印象は全然違います。



もちろん不愉快だけれど
その、スマートな対応というのか
度量の広さというのか

拒絶、排除ではなくって
譲歩…というのも言葉がちょっと違うのですが

 いい言葉がみつからないな…。


理性的な対応をしてくれたおかげで
ニュースを読んだ私も
嫌なニュースながらも爽快な感じがしましたし、

客席の人たち、また演奏している人たちの気持ちも
多少はたてなおったのではないかな。と思えました。





そしてその後の演奏再開前の観客への言葉
「通常であれば、このような妨害があっても止めない方がいいのですが、今回はひどすぎました」



『妨害』



もちろんね
和訳だからこそ出てきた表現かもしれませんが、




音楽を聴きに、
または演劇を観に、
またはそれ以外の何かを観聴きする為に

そして、提供する為に
集まった場所で、

その空間を壊す行為というのは確かに妨害以外の何ものでもないですね。




観劇前のアナウンスなどでは
「他のお客様の迷惑になるので…」と言われていることが多いですが、

「着信音が鳴り響きますと、公演の妨害となりますので…」とかにした方が
電源オフ率あがるんじゃなかろうか と思えて来ました。



『他のお客様』の迷惑に…と言われるよりも
『(あなたがそうすることで)』妨害になります と言った方が
自分へ意識が向きやすいですものね。







携帯電話が鳴った時、

音が単純に邪魔 とか せっかくの雰囲気が台無し というのもつらいですが、

最近は
ストーリーの中で携帯電話が登場することも多いので、

鳴った音が演出なのか、観客が鳴らしてしまったのか判断出来ない時が
困惑してしまって一番困ります。




どうして切らないだろうなあ と不思議なんですが
鳴らない と思っているからなのか
鳴ってもいい と思っているからなのか


実際に鳴らして演奏を止める原因にしてしまった彼は
どう思っているんでしょうね。









携帯電話について、
以前はずっと妨害程には感じなくても
観劇中にどこかで鳴るとイライラしてしまっていて、
すごくそのマナー違反に対して心が狭かったのですが、


ちょっとしたことがあってから
少々考えが変わった…というのか
心がちょっとだけ広がりました。




今度の休みに何しようかなと思ってるんだけど
何かいいとこある?みたいな相談をされたときに

私ならお芝居観るけど というようなことを言ったら、


仕事上、架かってくる可能性が低くても
携帯電話の電源を切るわけにはいかないから
お芝居は観れないんだ と言われて。。


まあ その人は演劇好きなわけではないので
お芝居に行けないことを苦痛には感じていないし、

どうしても苦痛なら転職だって考えられるわけではあるけども、


そんな理由で
『観に』いけない人がいるということを知って愕然とした気持ちになりました。



鳴ることはめったになくても
何か問題が起こったら鳴るから切れない。


それは…観に行けない理由としては非常に残念に思えました。



だからといって
観に来て鳴らされても困るわけなんですよ。



なので
携帯電話を切らなくても観劇できる回とか
作ってくれる公演があったら
そんな人でも足を運べるのになあ なんて考えたりしました。



マナーモードのみ可で
着信音は短く設定するルールとか

もしもの時は退席できるような
ゆとりのある劇場とかで実現されたら

いつもは観れないと思う人も観ることが出来るかもしれないなあ と思いつつ

そして演劇にはまって
他で鳴らされたら困るなあ とも思うのでした。

関連記事
海賊戦隊ゴーカイジャー 第46話「ヒーロー合格」 | Home | カプセル兵団「からくりサーカス」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ